美容学校の卒業生が美容師になる確率

美容師になるには、まず美容専門学校を卒業しましょう。離職率の高い美容師はその分求人も多いので努力次第では美容師になることは可能です。 - 美容学校の卒業生が美容師になる確率

新着情報

●2016/07/19
美容学校の卒業生が美容師になる確率の情報を更新しました。
●2016/07/11
美容師になるにはの情報を更新しました。
●2016/07/11
美容師の仕事内容はの情報を更新しました。
●2016/07/07
企業概要の情報を更新しました。
●2016/07/07
美容師の適正についての情報を更新しました。

美容学校の卒業生が美容師になる確率

yjtdjyd
池袋などの激戦区で、美容師として働いている人を見ると、いつか自分も独立開業したいと夢を見るかもしれません。
ではどうすれば美容師になる事ができるのでしょうか?

美容師への道のり

一人前の美容師になる道のりは厳しく、まず最初のステップとして、美容専門学校に通う必要があります。
美容専門学校には昼の部、夜の部、通信の部があり、それぞれ2年、2年、3年の月日がかかります。
そして毎年2月に美容師免許の国家資格があるため、美容師を目指す人は在学中にこの試験を受験します。
受験は筆記と実技があり、合格率は80%となっています。
そして合格した後は、大半は美容室で働く事になります。
美容師の免許を取得し、そして美容室に就職する事自体は、さほど難しい事ではありません。
なぜなら美容室の数は非常に多く、そのため求人数も多いからです。
条件を高望みしなければ、美容師として働ける職場は見つけられるはずです。
美容師として就職し、最初の数年は雑務やスタイリストのヘルプをしながらアシスタントとして経験を重ねていきます。
そして、スタイリストとして恥ずかしくない技術が身に着けば、スタイリストとしてデビューする事ができます。
ただ、スタイリストとしてデビューできるのは、アシスタントの中で2割程度と考えておきましょう。

美容師の離職率について

アシスタントからスタイリストになれるのは2割程度と聞くと、まずそんなに少ないの?と驚く人が多いでしょう。
なぜかというと、これは美容師の離職率の高さが原因です。
美容師になり3年で離職する人は80%と言われているからです。
アシスタントからスタイリストになるためには、数年間の修業が必要なので、多くはアシスタントのうちに挫折し美容師を辞めてしまうのです。
ですが、専門学校に通い、国家資格を取得したのに、なぜたった3年で8割の人が辞めてしまうの?と思いますよね。
その理由は3Kと呼ばれる美容師の労働環境の悪さに原因があります。
3Kとはキツイ、汚い、給与が安いという意味です。
キツイは、休みが少なく、労働時間が長い事を意味しています。
汚いは、薬品の刺激が強いので、手がボロボロになってしまいます。
またシャンプーをする際に人の頭皮を洗うため、中には汚い人もいます。
給料が安いのは、アシスタントで15万円前後、スタイリストで20万円前後と言われています。
給与だけ見るとOLと同程度ですが、拘束時間が長いのと、社会保険に完備されていないので、自分で支払う事を考えると、やはり安すぎるといえるでしょう。技術職でこれだけ給与が安く労働環境が悪いと、いくら好きでも我慢の限界と辞めてしまう人が少なくありません。
また3年続けられた人の中でも、30歳まで続けられる人はさらに90%離職と減ってしまいます。
その理由は、男性なら結婚して妻子を養える給与ではないという点。
女性でも結婚して家事や育児と両立できる労働環境ではありません。
さらにセンスや流行を抑えておかないといけないため、若くないと働ける環境が少なくなってしまいます。
あまり40代とか50代とか熟練の美容師を目にする機会は少ないですよね。
美容師=若い間しか働く事ができないのが、日本社会の現状だと言えるでしょう。
苦労して美容師になったのに、長く続ける事が難しい美容師は、その辺の事情も考慮した上で、将来美容師になりたいかどうか真剣に考えなければ後悔してしまうでしょう。独立開業し、自分のお店を持てる美容師はごく一握りの成功者に過ぎません。
東京都池袋の美容室

Copyright(C)2016 美容学校の卒業生が美容師になる確率 All Rights Reserved.